ガールズバー・キャバクラで働く方法

ガールズバー・キャバクラで働きたい!おすすめ求人募集情報サイト

ダイエット後のリバウンドを防ぐための方法・考え方

「ダイエット」は「痩せることが出来た」だけでは、まだ「成功」とは言えず

「これから先も太らない」ということが、本当の終着点であり

つまりダイエットには、「真のゴール」はありません。

 

そしてダイエット後に体重が元に戻ってしまう

「ダイエット開始前」の時点よりも体重が増加してしまうことを

「リバウンド」と呼び、多くのダイエッターが悩んでいる

ダイエットにまつわる、1つの大きな課題でもあります。

 

リバウンドの原因が「反動」であることは、多くの女性が知っているはずであり

いかに反動を受けない・軽減することが、痩せた状態を保つことの条件になります。

 

リバウンドしないための食事

 

一時ブームとなり、現在でもダイエットの1つの主流となっている「断食」に関しても

このリバウンドが大きな弱点であり、失敗に終わる要因でもありました。

 

言うまでもなく断食というのは、最も短期間で結果出るために最も反動が大きな手段の1つです。

 

「できるだけ短期間で痩せたい」というのは、人間の真理ですが

短期間で痩せることは、実際にはそれほど難しいことではありません。

 

体重の5%(体重50kgなら2.5kg)程度であれば

本気になれば、2週間以内に落とすことができます。

 

しかし、短期間ダイエットは女性にとって危険であること

やはりリバウンドしやすいことが挙げられます。

 

そしてリバウンド」ない唯一の方法は、<続ける>ということです。

 

「短期間で痩せる気合」を継続することが大切です。

 

「緩いダイエット」を継続し続けるべし

 

最も理想的な「リバウンドしないダイエット」の道筋としては・・・

 

まず「短期間の断食」によって「とりあえず」短期間で

「減量」と「リセット」を行い、リバウンドギリギリの状態を作ります。

 

ここで終わってしまうことは、リバウンドのリスクを抱えたままです。

 

そこで、この後に「置き換えダイエット」に切り替えます。

 

完全な「断食」は一度ストップさせ、3食のうちの1つを「低カロリー」なもの

出来れば「酵素ドリンク」や「スムージー」に置き換えます。

 

体の不思議な仕組みの1つですが、ダイエットを継続していると

ある一定の段階から、「満腹感を得られない」症状が現れ始めます。

 

普通は「満腹感」のレベルが下がるように思えますが

少ないエネルギーで体を動かすことに慣れてしまうと

「少ない」という基準が下がり始めてしまうようです。

 

そういった場合に非常に有効なアイテムが、

「満腹感」がコンセプトの1つとなっている「スムージー」です。

 

昨今のブームである、酵素ドリンクやスムージーは

リバウンドを防ぐために開発・利用されている経緯もあり

また「栄養素」も豊富に含まれているため、ダイエットのお供には最適なアイテムになります。

 

「ファスティング(断食)」と置き換えダイエットを組み合わせることによって

「安全で効果的なダイエット」を、実現することができます。

 

最も大きなメリットは、リバウンドのリスクの軽減であり

優しく・丁寧に体重を着陸させることができます。

 

ファスティング(断食)でスピードを一気に落とし

置き換えダイエットが「クッション」になるのです。

 

どちらかでも効果は見込めますが、ぜひとも

「組み合わせダイエット」を試してみることをおススメします。

 

1日で摂取する適正カロリーは人それぞれですが

各自の適正カロリー以下の食事をとり

適度な運動をすれば健康な人は確実に痩せます。

 

じっくりと計画を立てることで決して難しいことではなくなる

 

「食欲のコントロール」と「適度な運動」を心がければ

体重を落とすことはそれほど難しいことではないです。

 

それではなぜダイエットは難しいと、考える人が多いのでしょうか?

 

それはリバウンドの問題があるからです。

 

その前に、体重の増減のメカニズムを簡単に説明します。

 

摂取カロリーが体重に反映されるのは、2日~3日のタイムラグがあるとされています。

 

食材の質量とカロリーは別物ですが、

1kgの質量のある食品例)カレーのご飯500g、ルー500g

これ短時間で摂取したからといってすぐに、1キロ太るというわけではありません。

 

たしかに、食事の直後に体重計に乗ると

1kg前後増えてはいますが、すぐに「定着」することはありません。

 

単純に考えると、1日暴飲暴食して2日分のカロリーを摂取してしまったとしても

次の日に断食すれば太らないとされています。(非常に単純な考え方です)

 

この考え方の逆が、まさにリバウンドと呼ばれているものです。

食事制限によるダイエットが成功したかに見えても、反動が来る期間が必ずあります。

 

そして、痩せるスピードよりも太るスピードの方が

速いため、急激なダイエットはその分リバウンドのリスクは高いのです。

 

人によってそれぞれですが、「2~3日の短い周期」と「2~3週間の長い周期」

そして、2~3ヶ月の長い周期でも考えなかければなりません。

 

目標とする減量に成功し、6ヶ月その体重を維持できれば

リバウンドのリスクは、低くなると言われています。

 

リバウンドのリスクを乗り越えて、初めてダイエット成功なのです。