ガールズバー・キャバクラで働く方法

ガールズバー・キャバクラで働きたい!おすすめ求人募集情報サイト

ブラジャーは付けて寝る?それとも外して寝る?~どっちがカタチを崩さないのか?~

「就寝時にブラジャーを付けるか否か」

 

女性にとっては、永遠の疑問かもしれません。

 

ブラジャーとは、基本的に形・フォルムを守るものですが

 

「付けて寝ないと形が崩れる」

 

「付けて寝ると形が乱れる」

 

といった真逆の意見もあり、混乱してしまう原因でもあります。

 

実際には、アレコレ悩んだ結果・・・

 

「自分が寝やすい方」という判断を、下している女性が多いと思われます。

 

巷の傾向としては、付ける派・付けない派では

ブラは付けないという女性が多い一方で、何らかの「透け・たるみ防止アイテム」を

着て寝ているという女性が大半のようです。

 

やはり「どっちでもいいんじゃないの?」という気もしてしまいます。

 

しかし、ここでは一度「付けて寝る」場合と

「外して寝る」場合の、両方のスタンス・それぞれの効果を考えてみましょう。

 

元も子もない話ですが、それぞれにメリット・デメリットが存在し

「どちらが正しい」とは、言えないものになります。

 

しかしながら、その目的・不安によって

影響は異なるものであり、1つの参考として考えていきましょう。

 

最も避けるべきはやはり「型崩れ」

 

寝る際にブラを付ける「最大の意味」としては

やはり「型崩れ」を起こさないようにすることです。

 

実際に、寝ている間には「うねっている」パーツであり

大きければ大きいほどに、ブラを付けて寝ることによる型崩れ防止効果は大くなります。

 

一方であらゆる「刺激」が、黒ずみのリスクとなります。

 

「無意識のうちにこすっている」というのは、なかなか怖いものであり

自分でも意図しないような、乳首の黒ずみの原因になる場合もあります。

 

基本的には「外すべき」が定説

 

以上のことを考慮すると、「好きな方を選ぶべし」としか言えません。

 

ただし、いわゆる「専門家」と呼ばれる人達の意見としては

「寝る時は外すべき」という意見が多いようです。

 

血液・リンパ液・体液と、あらゆる「体液」の流動の妨げになるものであり

こういった事情は、実際に着けている女性であれば理解できるはずです。

 

「起きたらむくんでいた」というのも、ブラジャーが原因の可能性があります。

また「痕が付いている」ということは、摩擦が起きた証拠でもあり

乳首に限らず、あらゆるパーツの黒ずみの原因となります。

 

しかしながら、型崩れでもない、黒ずみでもない

「バストアップ」という観点から考えた際には、

「就寝中」というのは、1つのチャンスタイミングでもあります。

 

というのも、

 

現在のバストアップの主流は、「ナイトブラ」であり

これだけ流行っているという理由は、やはり<実感>という事実のためです。

 

効果的なバストアップ方法~おすすめの「ナイトブラ」と「サプリ」を使って短期間で結果を出す!~

 

その名の通り「就寝中」に着けることで、最も大きなパフォーマンスを

得ることができるアイテムであり、理に適った設計となっています。

 

そして、この「前提」というのは非常に大きなメリットであり

「寝る時に着けるように設計されている」ことであり、

特にリンパ液へのマイナス効果が、プラスになるように作られています。

 

そのためバストアップという目的はなくとも、「寝る時用」として持っておくこともおすすめです。