ガールズバー・キャバクラで働く方法

ガールズバー・キャバクラで働きたい!おすすめ求人募集情報サイト

「しゃくれ顎(受け口)」を自力で治すことはできるのか?

「顎」に関する悩みの中でも、「二重顎」と同じくらい多いものに「しゃくれ顎」があります。

 

しゃくれ顎を直したいと思っている人は、実際にとても多いですが

一方で「大人になってから直すのは難しいと」考えてしまっている人も多いようです。

 

しゃくれ顎は「受け口」とも呼ばれており、その形状も様々なタイプに別れますが

しゃくれてしまう、その原因は一体何が多いのでしょうか?

 

「生まれつき」以外の存在する受け口

 

生まれついて、しゃくれている人は確かにいて

遺伝的な要素は大きく、両親のどちらかが受け口であることも多いことも事実です。

 

しかし、意外にも「生まれつきしゃくれている人」よりも

生まれた後の環境や習慣によって、しゃくれてしまう人の方が多いようです。

 

そして、その原因として考えられることは

  • 幼い時期の顎への圧力
  • 歯の噛み合わせ(歯並び)

 

いずれかのどちらかであることが考えられます。

 

骨格がまだ柔らかく、固まっていない乳幼児期の寝かせ方や

歯の生えるタイミングなどが、大きく影響しているといわれています。

 

特に歯並びの影響は大きく、下の歯が上の歯よりも前に出ている状態では

自然と受け口になることは簡単にイメージできます。

 

実際、しゃくれている人の骨格を検査しても

「顎自体」が「とがっている」という人は少なく、

実際には顎ではなく、その周辺のパーツが原因であると言えます。

 

しゃくれ顎を治すためにできること

 

しゃくれ顎を治すための方法としては、

顎を削るなどといった、整形外科手術もありますが

歯列矯正が、最も身近で効果のある改善策と考えられます。

 

「歯並びを直しただけでしゃくれも治るの?」

 

と疑問に思う人もいるかもしれませんが、かなり改善することは事実のようです。

 

また肘を机などに当てて掌を顎に付ける、いわゆる「頬杖」をする癖がある人は

受け口になりやすいだけでなく、顎の形・顔の骨格が乱れ

大人になってからでも、徐々にしゃくれてくることが考えられます。

 

歯列矯正以外の受け口の改善方法としては、「フェイスマッサージ」が有効です。

 

顎の下から首にかけての柔らかい部分と、耳の下のくぼんでいる部分にかけて

親指で痛くない程度に押し込むマッサージは、手軽ですが非常に効果があります。

 

リンパ液の流れを良くする効果もあり、肩こりなどの改善にも役立ちます。

 

「生まれつきだから」とあきらめずに、直す習慣をサボらず続けていきましょう。