ガールズバー・キャバクラで働く方法

ガールズバー・キャバクラで働きたい!おすすめ求人募集情報サイト

ダイエットとバストアップを同時にするための方法~痩せた後にバストダウンしないための考え方~

「体重は減っているのに、胸は大きくなる」

 

違和感のある、「とてつもなく都合のいいこと」のように聞こえます。

 

「バストだけ膨らんでいき、ウェストは細くなる」

 

そんなことは、普通にしていたらまず考えられない・・・と

つつい考えがちですが、実際にはそんなに大袈裟に考えるほどのことでもありません。

 

「理想的」「楽観的」な考えだからこそ、「現実的ではない」というのは

「思い込み」である可能性が高く、やってみたら「意外と簡単だった」ということも多いです。

 

そのために「まずは」欲張らないことです。

 

少しの工夫と知識で、一歩近づくことはそれほど難しいことではありません。

 

そもそも、「痩せると胸が小さくなる」というイメージは一般的であり

何となくそんな気がしてしまい、減量に躊躇してしまうこともあるはずです。

 

ダイエットするとバストダウンするのは<当たり前>のこと

 

「痩せたけどおっぱいが小さくなっちゃった」という話を聞いたり

実際に身近な人(自分も)が、痩せたことによって

バストが小さくなってしまったのを、見た経験があるかもしれません。

 

確かに<痩せること>によって、<基本的には>バストは小さくなります。

 

それは、バストを形成している大部分が「脂肪」だからです。

 

そのため体全体を減量しようとすれば、「体全体の余分な脂肪」を減らすこととなり

バストを形成しているお肉に関しても「一緒に」減っていくことになります。

 

「豊満なバスト」というのは、本来は「必要ない」ものでもあり

あくまで「外見的な魅力として」求めている人が多いはずです。

 

おっぱいとは、<授乳>のために存在するものであり

生物としては、授乳以外は必要のないものでもあります。

 

そのため、そういった本来の要素に抗うためには

何らかの工夫、科学的なアプローチが必要になります。

 

「部分痩せダイエット」という言葉を、聞いたことがあると思います。

 

「二の腕」や「お尻」等、特定の部分のボリュームを減らす減量法ですが

「バストを残して痩せていく」ということは、それとは真逆のコンセプトであり

 

いわば、「部分<以外>痩せダイエット」ということになります。

 

<維持>することを意識する

 

「痩せたくないパーツ」の状態を維持したまま

その他のパーツを絞っていく、という単純な構造ですが

実践するとなると、なかなか難しいものがあります。

 

そのため、「欲張り」な希望は捨てましょう。

 

もし「どうしても痩せたい」という希望と同時に

更に「バストを大きくしたい」と考えているのであれば

まずは、<バストはそのままで痩せる>と考えることを優先させましょう。

 

 

「マイナス」を「プラス」で補うイメージです。

 

このダイエットとバストサイズの悩みは、長きに亘るテーマであり

この問題を解決するためのアイテムも、様々なものが、開発・販売されてきました。

 

必要なことは、<ダイエット中も続ける育て続ける>ことです。

 

難しい要素を持った問題に挑むためには、特別なアイテムを利用することもおススメです。

 

減量期間中だからこそ、<バストアップ>を意識するのです。