ガールズバー・キャバクラで働く方法

ガールズバー・キャバクラで働きたい!おすすめ求人募集情報サイト

なぜ「結婚しない女性」が増えているのか?~独身が楽しい?する必要がない?~

昨今、「晩婚化」や「高齢出産」といった

女性のライフイベントのタイミングが度々話題になります。

 

その根本的な原因としては・・・

 

やはり「結婚する気がない女性」が、増えたことにあるはずと言えます。

 

時代の流れによって、

 

結婚はするべき

 

から

 

べつに一生結婚しなくてもいいじゃん

 

という選択が、しやすくなってきたことが影響しています。

 

これらの問題に関して、賛否両論ありますが

女性の主体性が認められてきたことは良い傾向です。

 

それでは、なぜそのような価値観を持った女性が増えたのでしょうか?

 

女性の独身貴族化?

 

「なぜ結婚しないか」を考える際には、

「なぜ結婚する前提なの?」という、そもそもの価値観が

大きく変わっていることを、前提とする必要があります。

 

「独身貴族」いう言葉があるように、結婚しない男性という存在は

昔から、ある種の特権であるように考えられてきました。

 

「結婚なんて、する必要ないじゃない?」という

少し気取った男性は、少なからず存在し続けています。

 

独身貴族の条件として「ある程度お金を持っていること」が挙げられますが

その条件に当てはまる女性が増えたことが大きな要因でもあります。

 

周囲に「結婚しなくてもいい」という女性が増えた

 

そして、女性の場合には「ライブイベント」に対する
価値観の変化が根底にあることは間違いありません。

 

女性ならではのライフイベントに関する価値観の変化

 

「女は結婚するものだ」という、価値観があったことは事実ですが

その理由は、経済的な面と出産に関する価値観が大きかったはずです。

 

「女性は男性に養ってもらって、子供を生んで育てる」

 

という、女性の幸せのテンプレートがあったことも事実です。

 

しかし、夫がいなくても経済的に自立できる女性が増えたことと同時に

子供を望まない女性が増えたことも関係しています。

 

「キャリア」のある女性が子供を望まなくなるというのは

ある意味で当然のことであり「オス化」とも呼ばれる現象の1つです。

 

女性の選択肢が増えている

 

結婚を望まない女性が増えたことと同時に、

「事実婚」などの新しい価値観も出現しました。

 

度々、外国の制度が引き合いに出されますが

夫婦別姓などの制度を望む声も聞かれます。

 

子供に関しても、結婚してから生まなくてもいい

夫婦別姓の状態で出産するカップルもいます。

 

まとめると・・・

 

「家庭」というものに、価値を置かなくなったことが大きな理由と考えられます。

 

つまり、結婚・結婚生活・家族自体に

憧れがなくなった人が増えたということです。

 

女独身貴族が増えたことと、価値観の大きな変化が

晩婚化、結婚しない女性の増加につながっていると考えられます。