ガールズバー・キャバクラで働く方法

ガールズバー・キャバクラで働きたい!おすすめ求人募集情報サイト

女性が「一生独身」を覚悟する瞬間や年齢とは

「晩婚化」という言葉は、このサイトでもよく使用していますが

そうは言っても「ある程度」の年齢に達するまでに「結婚しておきたい」

もしくは「結婚しておきたかった」という女性もおり

そういった女性に対し「晩婚化だから・・・」というのは、気休め以外のなんでもないようです。

 

しかし、現代では「50歳女性の10人に1人は未婚」であり

「生涯独身」ということが、全く珍しくないことも事実なのです。

 

そもそもどうして独身なのか?

 

一般的には、未婚女性が「結婚」を意識する時期や

「キャリアウーマン」といったような女性が、自分の人生・キャリアを考えるような

「人生の分岐点」として意識される年齢は

女性に関しては「30歳」であると「なんとなく」認識されています。

 

しかし、一方で「平均初婚年齢」は「29歳(男女含めた平均)」であり

「30歳」という年齢は、現代では「それほど焦らなくていい年齢」であるとも考えられます。

 

しかし、それでも「意識してしまう」人

 

そして少し「延長しさせて」新たな基準として「35歳」「40歳」を意識する人

それぞれですが、おおむね「35歳前後」というのが「新基準」のようです。

 

至らなかったケースが多い

 

この基準に差し掛かった時点では、やはり「交際相手はいる」という人が多く

どうやって結婚まで「こぎつけるか」、ということを考えている女性も多く・・・

 

そして、それは相手の男性にも伝わっているはずです。

 

一方で恋愛経験が無い女性も珍しくなく、「新たな一歩踏み出す」ことになる人もいます。

 

そして、最も結婚から「遠ざかっている」ように見えるのが

「大恋愛に敗れた」ことのある女性です。

 

「この人!」と思った人と、最終的にういまくいかなかった場合に

「もう一生1人でもいいや」となることが、非常に多く

それはその「濃密な記憶」から「あれ以上はもうない」

「始まりから終わり」を経験したことによって「もう面倒くさい」となりがちです。

「35歳」が節目となる時代

 

「35歳」に達するということは、「彼氏」がいる人はその人と

もしいないのであれば、「婚活」を始めるという

「結婚へのモチベーション」が、高まる女性が多くなることが目立ちめる

 

その一方で、「完全にあきらめる」という女性が、増える年齢でもあります。

 

しかし「早めにあきらめていた」ことが、悪いことだけではありません。

 

35歳から新たに婚活等を始めた人は

「ここまで独身を貫いたのだから・・・」という

「最も危険な特徴」を体から発しているため「苦戦」が予想されます。

 

また「彼がなかなか結婚してくれない」という悩みも増える時期であり

相手の男性が「ひいて」「逃げる」リスクが高まるのも「35歳」くらいが目立ちます。

 

一度「すっきりしてしまったいた」方が、余裕があり

また「高望み臭」もしないことから、逆に男性が寄ってきやすくなり

結果的に「恵まれた」状況となるケースも多いようです。

なぜ「結婚しない女性」が増えているのか?~独身が楽しい?する必要がない?~

昨今、「晩婚化」や「高齢出産」といった

女性のライフイベントのタイミングが度々話題になります。

 

その根本的な原因としては・・・

 

やはり「結婚する気がない女性」が、増えたことにあるはずと言えます。

 

時代の流れによって、

 

結婚はするべき

 

から

 

べつに一生結婚しなくてもいいじゃん

 

という選択が、しやすくなってきたことが影響しています。

 

これらの問題に関して、賛否両論ありますが

女性の主体性が認められてきたことは良い傾向です。

 

それでは、なぜそのような価値観を持った女性が増えたのでしょうか?

 

女性の独身貴族化?

 

「なぜ結婚しないか」を考える際には、

「なぜ結婚する前提なの?」という、そもそもの価値観が

大きく変わっていることを、前提とする必要があります。

 

「独身貴族」いう言葉があるように、結婚しない男性という存在は

昔から、ある種の特権であるように考えられてきました。

 

「結婚なんて、する必要ないじゃない?」という

少し気取った男性は、少なからず存在し続けています。

 

独身貴族の条件として「ある程度お金を持っていること」が挙げられますが

その条件に当てはまる女性が増えたことが大きな要因でもあります。

 

周囲に「結婚しなくてもいい」という女性が増えた

 

そして、女性の場合には「ライブイベント」に対する
価値観の変化が根底にあることは間違いありません。

 

女性ならではのライフイベントに関する価値観の変化

 

「女は結婚するものだ」という、価値観があったことは事実ですが

その理由は、経済的な面と出産に関する価値観が大きかったはずです。

 

「女性は男性に養ってもらって、子供を生んで育てる」

 

という、女性の幸せのテンプレートがあったことも事実です。

 

しかし、夫がいなくても経済的に自立できる女性が増えたことと同時に

子供を望まない女性が増えたことも関係しています。

 

「キャリア」のある女性が子供を望まなくなるというのは

ある意味で当然のことであり「オス化」とも呼ばれる現象の1つです。

 

女性の選択肢が増えている

 

結婚を望まない女性が増えたことと同時に、

「事実婚」などの新しい価値観も出現しました。

 

度々、外国の制度が引き合いに出されますが

夫婦別姓などの制度を望む声も聞かれます。

 

子供に関しても、結婚してから生まなくてもいい

夫婦別姓の状態で出産するカップルもいます。

 

まとめると・・・

 

「家庭」というものに、価値を置かなくなったことが大きな理由と考えられます。

 

つまり、結婚・結婚生活・家族自体に

憧れがなくなった人が増えたということです。

 

女独身貴族が増えたことと、価値観の大きな変化が

晩婚化、結婚しない女性の増加につながっていると考えられます。