ガールズバー・キャバクラで働く方法

ガールズバー・キャバクラで働きたい!おすすめ求人募集情報サイト

「フェイスパック」を利用したおすすめの小顔ダイエット法

フェイスパック・シートマスクは、大きな美容効果を持つアイテムであり

基本的には「保湿効果」によって、肌の根本的な美しさを引き出すことが目的のアイテムです。

 

しかしながら、<肌を綺麗にする>という目的にとどまらず

意外な効果を求めた用途で、利用している方もいるようです。

 

それは、「小顔ダイエット」の過程の一部としての使用であり

「顔痩せ」につなげるための、1つの有効策になりえるとの考え方になります。

 

確かに<痩せる>ということも、「綺麗な顔」を構成する要素の1つであり

そもそもの顔の大きさに悩んでいる、という人も多いはずです。

 

それは「ふっくらしている」と、表現されることもあり

そう考えると、保湿と同じく重要な要素であると考えられますが

美容パックをどう利用すれば、顔痩せにつながるのでしょうか?

 

最も効果的な方法・アプローチを、考えていきたいと思います。

 

「シートマスク」はむくみの解消にも効果的

 

顔が太っている人というのは・・・

 

基本的には、「体全体」も太っていることが多いと言えます。

 

そういった方は、<まずは痩せる>ということが

最低限、必要なことであることは言うまでもありません・・・

 

しかし、「全体的にはそうでもないんだけど・・・」という方は

次に「むくみ(浮腫)」を、想定する必要があります。

 

「顔がパンパンに浮腫んでいる」という表現は、よく聞く話だと思います。

 

そもそもむくみというのは、「血液」や「リンパ液」といった

「体液(水分も含め)」が滞っている状態であり、肩こりをはじめとして

「コリ」と併発していることが多いく、社会人として働いている方の中には

心当たりのある方も、多いのではないでしょうか?

 

顔がむくんでいるということは、顔周辺(首・肩)に加えて

<顔自体>の血流が滞っていることも考えられ、その際にもシートマスクは有効です。

 

マスクを利用して徹底的に保湿をすることで、細胞の働きが活発になり

1つ1つの細胞が健康になることで、体液の流動もスムーズになっていくはずです。

 

それによって、血液・リンパ液の滞りも解消されはじめることによって

むくみが改善することで、顔が小さくなることは十分に考えることができます。

 

「たるみ」の解消は小顔化の鍵でもある

 

加齢によって増えた「シワ」もまた、顔太りのリスクとなります。

 

シワが増えてきた肌というのは、いずれ<たるみ>ます。

 

シワが積み重なることで、徐々に崩れ始め

最終的には「崖崩れ」が起きるといったイメージです。

 

そして「たるみ」というのは、非常にもったいない<余計な面積>と言えます。

 

一度たるんでしまった肌というのは、なかなか解消が難しく

何よりも崖崩れを、<起こさせない>ことが重要になります。

 

そもそもシワを予防する、保湿こそが美容パックの目的であり
日常的に、パックを利用する習慣がある場合には、
それ自体が、顔ぶとりの予防にもなっているということになります。

 

「引き締める」ことで自然と小さくまとまる

 

上記したたるみと重なる要素になりますが、

肌細胞に元気がない状態というのは、<ゆるんでいる>と表現されます。

 

毛穴が目立っている状況は、その典型的なものと言えます。

 

そういった際には保湿成分に加えて、「ビタミンC誘導体」といった

肌を引き締める成分を、与えてあげることが必要になります。

 

そして、ビタミンC誘導体には肌から水分を奪う特性があります。

 

これは、むくみの要因でもある「あまった水分」を引き出すメリットがある一方で

小顔効果が見込めるものと言えますが、水分量が減ってしまうデメリットがあります。

 

そのため、「液体」というカタチでの供給はリスクがある場合もあります。

(特に冬の乾燥した季節は、注意する必要があります。)

 

そして、こういった難しいバランスを調整する働きを持っている

引き締め・保湿を両立させる特徴もまた、パックの魅力と言えます。

 

安いパックでも継続することで効果が出てくる

 

顔痩せを目的として、シートマスクを選ぶ際には

アンチエイジングというよりは、「引き締め効果」のある

ビタミンC(誘導体)といった成分を配合しているもの

また毎日の積み重ねが必要なため、よりリーズナブルなものが選ぶべきです。

 

そういった点から、やはり「化粧水パック」が最も相応しいと言えます。

 

もちろん長時間の仕様は厳禁であり、基本的な使用方法を守ること

あくまで短期的に引き締めること、何より肌を元気にする働きかけの

繰り返しによって、日々少しずつ小顔へと近づけていけることと思われます。

知る人ぞ知る超効果的なダイエットドリンク「コンブチャクレンズ」とは

日々移り変わる流行といったものを知れば知るほどに、

「美」は女性にとって、「永遠のテーマ」であることを改めて実感します。

 

「少しでも綺麗になりたい」という願望は尽きません。

 

そしてその中でも「痩せたい!」という希望、「ダイエット」への思いは究極のテーマです。

 

古くは「リンゴダイエット(単品ダイエット)」から

ちょっと怪しい「ダイエットサプリ」という流行を経て

昨今の「酵素ドリンク」「スムージー」という「ダイエットドリンクブーム」まで

いつの時代も話題の中心に存在するのが、このダイエットになります。

 

そして「この次来る(すでにきている)」と言えるアイテムが「コンブチャクレンズ」になります。



 

実は歴史のある最新アイテム

 

コンブチャクレンズは、すでに注目・実践している人も多いですが

実は過去にも「おしいところ」までいったダイエット法であり

この度、<満を持して>の再々登場でもあります。

 

というのも、

 

ここにきて、「新商品」が発売され始めているためです。

 

最新の「コンブチャアイテム」である、「ミネラルコンブチャパウダー」は

ダイエットドリンクの1つである「スムージー」と同じく、粉末状のアイテムであり

  • 水・牛乳(液体)に溶かして
  • ヨーグルトにかけて

 

といった、様々な使い方ができることが特徴です。

 

つまり、

  • 「粉末」という「スムージー」の要素
  • そして「発酵」という「酵素ドリンク」の要素

 

この2つを手に入れたことになります。

 

今までは「1種類」だけだった「手に入るコンブチャ」が

これで「2種類」になり、ブームになることによって続々と種類が増えていくことも期待できます。

 

これからますます人気が出てくるアイテムに違いない

 

「コンブチャクレンズ」の最大の弱点は、

酵素ドリンクやスムージーに比べ、「種類が少ない」という面でしたが

新たなアイテムが販売されたことによって解消されつつあり、ブームとなる土台が揃い始めました。

 

そうは言っても、今はまだ酵素ドリンクやスムージーほどの

知名度・利用者がおらず、「口コミ」といった評判が聞こえないことも事実です。

 

しかしながら、徐々に反応が出てきていることもまた事実です。

 

現在確認できる口コミとしては、

  • 甘酸っぱい(従来のダイエットドリンクは<飲みづらい>一面も)
  • 汗が出やすくなり代謝の向上を感じることができる
  • 「お通じ」がよくなった(下痢をしてしまったという意見も)

 

といったものであり、ダイエットドリンクに限らずどのアイテムに関しても

最初はこういった「わずかな情報の解禁」をきっかけに<ブレイク>し

定番・鉄板と呼ばれる存在へと、徐々に前進していく傾向があります。

 

近い将来、

 

酵素ドリンク

 

スムージー

 

コンブチャクレンズと並んで紹介される日が期待できるアイテムなのです。

 

「プチファスティング」にも向いているアイテム

 

そしてこの「コンブチャクレンズ」は、昨今流行りの「断食」にも向いているアイテムです。

 

軽い断食は「ファスティング」等と呼ばれて、時に「短期間で」といった

期限付きのダイエットを実践する人に支持されている手法です。

 

このファスティング(断食)ブームの影響もあり

「短期間」を売りにした、ダイエットアイテムも多数販売されています。

 

通常のダイエットでは、過激な・安全ではない手段を取らなければ

短期間で急激に痩せることができないことが現実です。

 

しかし期限が決まっているからこそ、経済的にも肉体的にもそれほど負担にはならないため
自分に合うものを試すことによって、安全に・効率的な減量ができるのです。

 

またファスティングアイテムは、「満腹感」といったものに働きかけることが多いですが

最近では<それプラスアルファ>を求める傾向もあり、

そういった新しい物好きの方にも、「コンブチャクレンズ」はぜひおすすめです。

ダイエット後のリバウンドを防ぐための方法・考え方

「ダイエット」は「痩せることが出来た」だけでは、まだ「成功」とは言えず

「これから先も太らない」ということが、本当の終着点であり

つまりダイエットには、「真のゴール」はありません。

 

そしてダイエット後に体重が元に戻ってしまう

「ダイエット開始前」の時点よりも体重が増加してしまうことを

「リバウンド」と呼び、多くのダイエッターが悩んでいる

ダイエットにまつわる、1つの大きな課題でもあります。

 

リバウンドの原因が「反動」であることは、多くの女性が知っているはずであり

いかに反動を受けない・軽減することが、痩せた状態を保つことの条件になります。

 

リバウンドしないための食事

 

一時ブームとなり、現在でもダイエットの1つの主流となっている「断食」に関しても

このリバウンドが大きな弱点であり、失敗に終わる要因でもありました。

 

言うまでもなく断食というのは、最も短期間で結果出るために最も反動が大きな手段の1つです。

 

「できるだけ短期間で痩せたい」というのは、人間の真理ですが

短期間で痩せることは、実際にはそれほど難しいことではありません。

 

体重の5%(体重50kgなら2.5kg)程度であれば

本気になれば、2週間以内に落とすことができます。

 

しかし、短期間ダイエットは女性にとって危険であること

やはりリバウンドしやすいことが挙げられます。

 

そしてリバウンド」ない唯一の方法は、<続ける>ということです。

 

「短期間で痩せる気合」を継続することが大切です。

 

「緩いダイエット」を継続し続けるべし

 

最も理想的な「リバウンドしないダイエット」の道筋としては・・・

 

まず「短期間の断食」によって「とりあえず」短期間で

「減量」と「リセット」を行い、リバウンドギリギリの状態を作ります。

 

ここで終わってしまうことは、リバウンドのリスクを抱えたままです。

 

そこで、この後に「置き換えダイエット」に切り替えます。

 

完全な「断食」は一度ストップさせ、3食のうちの1つを「低カロリー」なもの

出来れば「酵素ドリンク」や「スムージー」に置き換えます。

 

体の不思議な仕組みの1つですが、ダイエットを継続していると

ある一定の段階から、「満腹感を得られない」症状が現れ始めます。

 

普通は「満腹感」のレベルが下がるように思えますが

少ないエネルギーで体を動かすことに慣れてしまうと

「少ない」という基準が下がり始めてしまうようです。

 

そういった場合に非常に有効なアイテムが、

「満腹感」がコンセプトの1つとなっている「スムージー」です。

 

昨今のブームである、酵素ドリンクやスムージーは

リバウンドを防ぐために開発・利用されている経緯もあり

また「栄養素」も豊富に含まれているため、ダイエットのお供には最適なアイテムになります。

 

「ファスティング(断食)」と置き換えダイエットを組み合わせることによって

「安全で効果的なダイエット」を、実現することができます。

 

最も大きなメリットは、リバウンドのリスクの軽減であり

優しく・丁寧に体重を着陸させることができます。

 

ファスティング(断食)でスピードを一気に落とし

置き換えダイエットが「クッション」になるのです。

 

どちらかでも効果は見込めますが、ぜひとも

「組み合わせダイエット」を試してみることをおススメします。

 

1日で摂取する適正カロリーは人それぞれですが

各自の適正カロリー以下の食事をとり

適度な運動をすれば健康な人は確実に痩せます。

 

じっくりと計画を立てることで決して難しいことではなくなる

 

「食欲のコントロール」と「適度な運動」を心がければ

体重を落とすことはそれほど難しいことではないです。

 

それではなぜダイエットは難しいと、考える人が多いのでしょうか?

 

それはリバウンドの問題があるからです。

 

その前に、体重の増減のメカニズムを簡単に説明します。

 

摂取カロリーが体重に反映されるのは、2日~3日のタイムラグがあるとされています。

 

食材の質量とカロリーは別物ですが、

1kgの質量のある食品例)カレーのご飯500g、ルー500g

これ短時間で摂取したからといってすぐに、1キロ太るというわけではありません。

 

たしかに、食事の直後に体重計に乗ると

1kg前後増えてはいますが、すぐに「定着」することはありません。

 

単純に考えると、1日暴飲暴食して2日分のカロリーを摂取してしまったとしても

次の日に断食すれば太らないとされています。(非常に単純な考え方です)

 

この考え方の逆が、まさにリバウンドと呼ばれているものです。

食事制限によるダイエットが成功したかに見えても、反動が来る期間が必ずあります。

 

そして、痩せるスピードよりも太るスピードの方が

速いため、急激なダイエットはその分リバウンドのリスクは高いのです。

 

人によってそれぞれですが、「2~3日の短い周期」と「2~3週間の長い周期」

そして、2~3ヶ月の長い周期でも考えなかければなりません。

 

目標とする減量に成功し、6ヶ月その体重を維持できれば

リバウンドのリスクは、低くなると言われています。

 

リバウンドのリスクを乗り越えて、初めてダイエット成功なのです。

ブラジャーは付けて寝る?それとも外して寝る?~どっちがカタチを崩さないのか?~

「就寝時にブラジャーを付けるか否か」

 

女性にとっては、永遠の疑問かもしれません。

 

ブラジャーとは、基本的に形・フォルムを守るものですが

 

「付けて寝ないと形が崩れる」

 

「付けて寝ると形が乱れる」

 

といった真逆の意見もあり、混乱してしまう原因でもあります。

 

実際には、アレコレ悩んだ結果・・・

 

「自分が寝やすい方」という判断を、下している女性が多いと思われます。

 

巷の傾向としては、付ける派・付けない派では

ブラは付けないという女性が多い一方で、何らかの「透け・たるみ防止アイテム」を

着て寝ているという女性が大半のようです。

 

やはり「どっちでもいいんじゃないの?」という気もしてしまいます。

 

しかし、ここでは一度「付けて寝る」場合と

「外して寝る」場合の、両方のスタンス・それぞれの効果を考えてみましょう。

 

元も子もない話ですが、それぞれにメリット・デメリットが存在し

「どちらが正しい」とは、言えないものになります。

 

しかしながら、その目的・不安によって

影響は異なるものであり、1つの参考として考えていきましょう。

 

最も避けるべきはやはり「型崩れ」

 

寝る際にブラを付ける「最大の意味」としては

やはり「型崩れ」を起こさないようにすることです。

 

実際に、寝ている間には「うねっている」パーツであり

大きければ大きいほどに、ブラを付けて寝ることによる型崩れ防止効果は大くなります。

 

一方であらゆる「刺激」が、黒ずみのリスクとなります。

 

「無意識のうちにこすっている」というのは、なかなか怖いものであり

自分でも意図しないような、乳首の黒ずみの原因になる場合もあります。

 

基本的には「外すべき」が定説

 

以上のことを考慮すると、「好きな方を選ぶべし」としか言えません。

 

ただし、いわゆる「専門家」と呼ばれる人達の意見としては

「寝る時は外すべき」という意見が多いようです。

 

血液・リンパ液・体液と、あらゆる「体液」の流動の妨げになるものであり

こういった事情は、実際に着けている女性であれば理解できるはずです。

 

「起きたらむくんでいた」というのも、ブラジャーが原因の可能性があります。

また「痕が付いている」ということは、摩擦が起きた証拠でもあり

乳首に限らず、あらゆるパーツの黒ずみの原因となります。

 

しかしながら、型崩れでもない、黒ずみでもない

「バストアップ」という観点から考えた際には、

「就寝中」というのは、1つのチャンスタイミングでもあります。

 

というのも、

 

現在のバストアップの主流は、「ナイトブラ」であり

これだけ流行っているという理由は、やはり<実感>という事実のためです。

 

効果的なバストアップ方法~おすすめの「ナイトブラ」と「サプリ」を使って短期間で結果を出す!~

 

その名の通り「就寝中」に着けることで、最も大きなパフォーマンスを

得ることができるアイテムであり、理に適った設計となっています。

 

そして、この「前提」というのは非常に大きなメリットであり

「寝る時に着けるように設計されている」ことであり、

特にリンパ液へのマイナス効果が、プラスになるように作られています。

 

そのためバストアップという目的はなくとも、「寝る時用」として持っておくこともおすすめです。

「しゃくれ顎(受け口)」を自力で治すことはできるのか?

「顎」に関する悩みの中でも、「二重顎」と同じくらい多いものに「しゃくれ顎」があります。

 

しゃくれ顎を直したいと思っている人は、実際にとても多いですが

一方で「大人になってから直すのは難しいと」考えてしまっている人も多いようです。

 

しゃくれ顎は「受け口」とも呼ばれており、その形状も様々なタイプに別れますが

しゃくれてしまう、その原因は一体何が多いのでしょうか?

 

「生まれつき」以外の存在する受け口

 

生まれついて、しゃくれている人は確かにいて

遺伝的な要素は大きく、両親のどちらかが受け口であることも多いことも事実です。

 

しかし、意外にも「生まれつきしゃくれている人」よりも

生まれた後の環境や習慣によって、しゃくれてしまう人の方が多いようです。

 

そして、その原因として考えられることは

  • 幼い時期の顎への圧力
  • 歯の噛み合わせ(歯並び)

 

いずれかのどちらかであることが考えられます。

 

骨格がまだ柔らかく、固まっていない乳幼児期の寝かせ方や

歯の生えるタイミングなどが、大きく影響しているといわれています。

 

特に歯並びの影響は大きく、下の歯が上の歯よりも前に出ている状態では

自然と受け口になることは簡単にイメージできます。

 

実際、しゃくれている人の骨格を検査しても

「顎自体」が「とがっている」という人は少なく、

実際には顎ではなく、その周辺のパーツが原因であると言えます。

 

しゃくれ顎を治すためにできること

 

しゃくれ顎を治すための方法としては、

顎を削るなどといった、整形外科手術もありますが

歯列矯正が、最も身近で効果のある改善策と考えられます。

 

「歯並びを直しただけでしゃくれも治るの?」

 

と疑問に思う人もいるかもしれませんが、かなり改善することは事実のようです。

 

また肘を机などに当てて掌を顎に付ける、いわゆる「頬杖」をする癖がある人は

受け口になりやすいだけでなく、顎の形・顔の骨格が乱れ

大人になってからでも、徐々にしゃくれてくることが考えられます。

 

歯列矯正以外の受け口の改善方法としては、「フェイスマッサージ」が有効です。

 

顎の下から首にかけての柔らかい部分と、耳の下のくぼんでいる部分にかけて

親指で痛くない程度に押し込むマッサージは、手軽ですが非常に効果があります。

 

リンパ液の流れを良くする効果もあり、肩こりなどの改善にも役立ちます。

 

「生まれつきだから」とあきらめずに、直す習慣をサボらず続けていきましょう。